Loading...

『名探偵コナン』の原作者・青山剛昌先生と『ちはやふる』の原作者・末次由紀先生がスペシャルコラボ!お互いの作品やお仕事についてのスペシャル対談 &コラボイラストの作成を行いました!!

青山先生×末次先生「から紅トーク」全文紹介

──お二人は何度目の対談になるのですか?

青山先生:2回目ですね。

末次先生:実際にお会いするのも2回目です。

──おふたりともお互いの作品は読まれていらっしゃるんですよね?

(※以下、敬称略)

青山:もちろん!最新巻も読みましたよ。詩暢(しのぶ)ちゃんが最高に素敵でした。

末次:ありがとうございます。私も、もちろん読んでます。昨年の映画も拝見して、すごく盛り上がっていたので
最新作も楽しいのだろうなと期待が高まっています!

青山:ありがとうございます。実は俺もまだ見ていないからわからないんですけどね。笑

末次:私、昨年の予告を見たときから楽しみにしていたんです!ファンの方たちもザワザワしていて、「先生、コナンの映画の題材が百人一首です!」と教えてくれました。笑

青山:そうだったんだ!
“紅葉”ってかるたの札によく出てくるじゃないですか。もしかしたら末次先生が使いたかっ”たかな?とか考えてました。

末次:「ちはやふる」の中でも“紅葉”を使っていろいろと表現することがあるので、すごく重要なキーアイテムになっています。

青山:「ちはやふる」の実写版が公開されたので百人一首を題材に使ってみようと思ったんですよ。でもまた続編があると聞いて、「やばい!!」と思いました。笑 でもこれで競技かるたがより盛り上がるといいですね。

末次:映画の中でも競技かるたをしているシーンはあるんですか?

青山:紅葉と和葉が戦うシーンがあります。

末次:もちろん、謎解きもありますよね?

青山:かるたならではのミステリーがあります!

末次:しかも、かるたがわかる方たちはもちろん、知らない方たちにも楽しんでいただける内容とお聞きしました。

青山:そうですね!でも難しくて、なかなか『ちはやふる』は越えられないですね。

──青山先生は毎年、映画制作に深く関わって頂いていますが、末次先生はどの程度まで関わっていらっしゃるんですか?

末次:青山先生はストーリーを作る段階から、かなり深く関わっていらっしゃるんですか?

青山:そうですね。今回はスタッフの中で俺が一番かるたに詳しかった。笑

末次:もしかして、競技かるたをストーリーに関わらせようというのは、青山先生のアイディアですか?

青山:そうですね。『ちはやふる』が好きなので!和葉のライバルキャラを京都の子にしようとずっと思っていて、じゃあ映画に出そう!かるたにしよう!ってなったんです。偶然、かるたで、京都で、クイーンで。。。なんか、すみません。笑

末次:その噂を聞いた時から、私の中の詩暢がメラメラしています!

青山:や、やばい。。。笑

末次:いえいえ!そこは別世界ですからね!

──素敵なお話が聞けたところで、お2人にイラストを1枚、描いて頂ければと思います。

青山:緊張しますね。。。

末次:しますね。。。

青山:(愛用のペンを取り出し)色とか使いますか?お貸ししますよ!

末次:色まで考えていなかったです!青山先生はカラーで書かれることが多いんですか?

青山:色紙とかは結構カラーで書きますね。

末次:おぉ!豪華!!

青山:簡単なので!(ペンを1本ずつ持ちながら)これが肌の色用、こっちが肌の影用、頬を赤くするならこっちのピンク色がおすすめです。

末次:コナン君とかは顔のラインをこの肌色のペンで書いてから黒を入れるんですか?

青山:いや、まずは黒で書きます。

末次:是非、それも貸して下さい!漫画家っておもしろくて、全く同じ道具を使っても全然違うものができあがるんですよね。使い方によってテイストが変わってくるので。

──お2人の中でイラストのイメージは出来上がっていますか?

末次:バチバチしている感じがいいですかね?

青山:バチバチしている感じで!

末次:最後にサインも書きますか?

──是非、お願いします。

末次:私、いつもサインが書けなくなってしまうぐらい、全面に絵を描いてしますので。笑

青山:あ、俺も。笑 下書きしますか?

末次:いえ、大丈夫です!

青山:下書きせずに描くんですね!?俺は絶対下書きするんですよ。横顔とか絶対無理。笑 すげーなー。

──青山先生もラブコメを描かれていますが、末次先生が描くラブコメはいかがですか?

青山:いやぁ、いいですね。俺は太一くんが好きなんですよね。

末次:女性はもちろんなんですけど、男性からも人気なんですよ。

青山:最新刊、かっこよかった!逆に新があんまり出てこなかったですよね?

末次:そうですね。今回はあまり出てこなかったですね。コナンほどではないですが、キャラクターが多いと「出してー!」と言われても中々難しいですよね。

青山:わかります!わかります!

末次:出し方が少しずつなので、もっと見たい!という方が映画も見に行っているんだろうなと思います。特に映画で豪華なキャラクターを濃く描いているので。私の友人でもアニメは毎週見れてはないけれど、映画は絶対に毎回見るという子がいます。

photo

(まずは末次先生からイラストの作成を開始!)

青山:(末次先生のイラストを見て)やばい。これは、やばい。超うまい。それ欲しいわ。俺、詩暢ちゃん好きなんですよね。

末次:ありがとうございます!嬉しい!!

青山:千早がキョロキョロしてる!やばい。俺もキョロキョロさせなきゃ。

──テクニックのぶつかり合いですね!

青山:えー!やめて!!笑 これ下書きなしで書けるの、すごいなぁ。。。俺、まだまだ、だね。

──青山先生はキャラクターたちを描く上で、気をつけていることはありますか?

青山:目かな。目から描くし。。。

末次:えっ!?目から描くんですか?私は輪郭からですね。

青山:輪郭かぁ。じゃあ今日は輪郭から描いてみようかな。

末次:いえいえ、いつも通りでお願いします!肌色のペンお借りします!

青山:どうぞ、どうぞ!頬のピンクはこれがいいと思います。

photo

(青山先生愛用のペンで色をつけていく末次先生)

末次:コナン君の色紙はカラーが多いのは豪華ですね。私は倍の時間がかかってしまうので、白黒が多いんです。

青山:時間的には俺はあんまり変わらないんですよ。

末次:今はもう、線画はフルデジで描かれているんですか?

青山:いや、アナログです。

末次:線画の部分は変わらず、手で描いてるんですね。

青山:末次先生はまだデジタルにはしてないんですか?

末次:まだしてないんですけど、最近トーン(※)の廃盤が増えてきちゃっていて。。。(※スクリーントーン)

青山:そう!そう!

末次:ドキドキしてきちゃいました。笑
オーソドックスなものを使っているので、まだ廃盤にはなっていないんですが、いつか無くなってしまうかと思うと不安です。

──青山先生はずっとこのペンを愛用されているんですか?普段は色鉛筆もお持ちですよね?

青山:そうです。色鉛筆は楽ですね。

──こだわりの色鉛筆とかってあるんですか?

青山:ないですね。適当に。笑

末次:実は、今回のティザーポスターが公開された日に、私も色鉛筆で描いてみたんです!好きに描いていただけなんですが、コナン君と平次君を書いているのが楽しかったです!

青山:えー!是非、見たい!

(次は青山先生がイラストを作成)

青山:(末次先生のイラストを見て)もう、これだけでいいんじゃないの?笑

末次:いや、いや!

──紅葉はまだクイーンではないんですよね?

青山:まだです。未来のクイーンです。

末次:詩暢が「はぁ?」って言ってますよ。笑

青山:紅葉は試合の時にネイルつけてるしね。指先を守るためという勝手な設定を作りました。笑
(紅葉のイラストを描きながら)すげぇ、着物の描き方を考えちゃう。笑 これプレッシャーだな。笑

末次:紅葉ちゃんの着物、私が書きます!

青山:マジで!?ありがとうございます!

青山:(紅葉の着物の柄を描く末次先生に)すげぇ。めちゃくちゃ早い!

末次:青山先生はコナン君と新一君どちらが描きやすいんですか?

青山:コナンかな。コナンのほうがたくさん描いているので。

photo

(イラストを描き始める青山先生)

──そろそろ仕上げの段階ですか?

末次:そうですね。じゃあ一度、青山先生にお戻しします!

青山:紅葉はまだ描き馴れてないから、難しいなぁ。

末次:たまに出てくるキャラクターって難しいですよね。

青山:何も見ずに久々に描いたりすると、たまにファンから指摘されたりします。笑

末次:私も、それあります。笑

──青山先生が目の前で絵を描いているのをご覧になるのは2度目ですか?

末次:そうですね。以前もコラボさせて頂いたんですが、その時は友人から怒られました。「私の方がコナン好きじゃない?ずるくない?」って。笑

──その時はコナンと千早のイラストを描かれたんですか?

末次:そうです!千早の手の中にコナン君がいるイラストを描きました!

──では紅葉と詩暢は初コラボなんですね!

青山:そうですね。あのときはまだ紅葉が開発されてなかったので。笑

末次:いつもは原稿用紙に下絵を描いて、ペンで描いて、下書きを消す方がいらっしゃるんですか?

青山:そうですね。アシスタントがやってくれてます。

末次:そのあとにスキャンするんですか?

青山:そう、そう!

──青山先生は週刊の連載を抱えながら、毎年、映画制作にも関わって頂いているという。。。

末次:おかしい。おかしいですよね。笑

──末次先生も映画のご監修は少しされていると伺いました。

末次:そうですね。脚本を見せて頂いて意見を言わせて頂いたりしました。

青山:俺、原作の新が自転車で追いかけるシーンが好きなんですよ。映画でもそのシーンを見たかったなぁ。

末次:あのシーンを再現すると時速80㎞くらいで新が自転車をこがなきゃいけなくなっちゃうんですよね。笑 実写の仕事は基本的に持ち場の映画の方々にお任せして、私は応援をする係を頑張っていました!

青山:そうなんですね!でも実写だと脚本をチェックするくらいですよ。

末次:やっぱりアニメのほうが関わることが多いんですか?

青山:そうですね。アニメは絵だから!

末次:やはり映画の取材を受けたりすると、「この季節がきたな」と思うんですか?

青山:そうですね。

末次:そのために連載のお仕事をつめていくんですか?

青山:うん、そうですね。まぁつまってませんが。笑 休みが増えていっているだけです。笑

末次:最近はファンの子たちが優しくて、「先生、無理をしないでください!終わることが大事です。」って言ってくれるんです。

青山:そう、そう!ある、ある!「私は蘭ちゃんみたいに待ってますから」って言われた。笑

末次:でも、みんなそういう気持ちなのかもしれないですね!優しいなぁと思って。

青山:厳しい人もいますけどね!「そろそろ、あの人の正体をバラしてもいいんじゃない?」「新一と蘭のチューが見たい!」とか。笑

末次:正直な気持ちなんでしょうね。

photo

(紅葉を描く青山先生の表情は真剣そのもの)

──末次先生がコナンで見てみたいシーンとかってありますか?

末次:早く蘭ちゃんを安心させてあげて!と思います。笑 でも、そうしたら話が終わっちゃうのかな?とも思ったり。。。だからみなさんも想像するんでしょうね。私、京極君も好きなんですよ。園子ちゃんとのシーンがみたいですね!

青山:京極、人気あるんだよなぁ。

末次:人気のキャラクターが多いと大変ですね!いつも白黒で書いているとカラーにした時、髪の毛の色に迷うんですよね。黒はそのまま黒髪でいいんですが、白はどうしようかなって思います。

青山:あー!ある、ある!

末次:コナンはキャラクターが多いから描きわけるのも大変じゃないですか?

青山:描きわけられてないっていうこともあるけど。。。笑

末次:目の形も変えなきゃいけないし。。。いつもコナンの映画はアクションシーンが派手でかっこいいですよね!

青山:ありがとうございます!でも今年はラブコメの要素が強いですよ!

末次:かるたが題材ですしね!

青山:ちょっと『ちはやふる』に似てるシーンをやっちゃいました。申し訳ない。笑

末次:いえ、いえ!『ちはやふる』のファンの子も「なに??」と思って観に行ってくれると思います!

──青山先生は連載が始まって20年以上経ちますね。

末次:もう20年以上!確か昨年の映画が20周年でしたよね?

青山:もう漫画は22周年くらいです。

末次:これほど長く続いている作品だと、大好きだからこそ死ぬ前に完結するところが読みたいです。。。

青山:死ぬ前に。笑

末次:いつまででも待ってますので、どうか!笑
私、今日のために爪をから紅にしてきました!こんな感じにします!

青山:あ!ありがとうございます!いいですね!紅葉のネイルは、千早が奏ちゃんの家に行った時に「この着物きれいだね!」って言っていた川が流れて紅葉がある着物の柄を描いてくれって言ったんです。

末次:竜田川だ!爪にまで柄を入れていたんですね!

──『ちはやふる』からヒントを得たんですね。

青山:そうです。『ちはやふる』ありきです!

末次:昨年が大ヒットでしたし、プレッシャーはありましたか?

青山:いや、今年は大変でしたよ。笑
(イラストを仕上げながら・・・)最後に着物の色をお願いします!何となく紅葉っぽい感じで!笑

末次:了解です!私が青山先生のアシスタントになったみたい!光栄です!

青山:この色紙、いいねぇ!良すぎ!そっか。詩暢ちゃんってブルーのイメージですよね。

末次:そうですね。千早が赤ですね!なんか主人公が赤、ライバルがブルーっていうイメージがあるんですよね。

青山:コナンはめっちゃブルーだ!笑

──ちょうど、服装の色味が交互になっていますね。

青山:本当だ!いいねぇ!なんか図ったみたい!あっ、着物に紅葉を描いてくれてる!嬉しい!この色紙ほしい!!

photo

(青山先生のイラストに末次先生が紅葉柄を描き入れ、仕上げの段階に)

青山:末次先生の一番好きなかるた札ってなんですか?

末次:「逢ひ見ての~」の歌が好きです!
(逢ひ見ての のちの心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり)
一回お会いしたら、その次の自分はもう違うっていう、細胞から生まれ変わるようなことを表現した素敵な歌だなと思って、すごく好きです!

(末次先生が千早のイラストにキョロキョロしたような線を付け足すと、、、)

青山:あっ!キョロ線入れた!俺も入れよ!これは負けてらんない!笑
じゃあ最後にサイン入れますね。これ、すごいよ!豪華だね!

末次:詩暢と紅葉、バチバチさせます?笑

青山:バチバチさせましょ!お願いします!これたぶん紅葉負けるな。笑

末次:すごい、豪華感がでましたね!

photo

(ついに、コラボイラストが完成し、拍手喝采!)

image

──では、最後にお互いへのメッセージをお願いします。

末次:まだ観れていないんですが、本当に映画が楽しみです!

青山:俺もまだ観れていないのでちょっと不安ですけどね。笑

末次:青山先生と同じくドキドキしながら観れると思うと光栄です!

青山:俺はクイーン戦を楽しみにしてます!頑張ってください!!